2018年9月13日木曜日

日時:2018/9/6(Thursday)
大会名:uci mountain bike world championships 2018
開催地:Lenzerheide Switzerland

機材
バイク:SCOTT/CONTESSA SPARK RC 900-29
メインコンポーネント:シマノ/XTR
ホイール:シンクロス/XR1.5 
ハンドル・ステム・シートポスト:タイオガ
サドル:エルゴン/SMR3 PRO 
グリップ:エルゴン/GE1
サスペンション:FOX RANCING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト (65psl)コンプレッション-8
タイヤ:IRC/ミブロマラソンチューブレスレディー/29×2.1(1.4bar)
ヘルメット:カブト/ゼナード
バイクジャージ:デサント/ジャパンデザイン
グローブ:SCOTT/RC TEAM LF
シューズ:シマノ/XC9

結果
woman junior:38位


試走の時から心配なことがあった。それはSケープしかいけない自分がいたということ。何回もチャレンジしようと思ったが思うように体が動かず試走初日から落ち込んでばかりだった。落ち込むとなかなか前を向けないというのが自分の弱点。でも、みんなに励まされ「Sケープでもはやく行けるようにする」「全部乗れるようにする」と前向きな気持ちに変わり、次の日の試走は気持ちが軽かった。レース前日には、完璧にコースをいけるようになり、レースに向けて気持ちを切り替えた。

レース当日。
気温は26℃とローラーを少し漕いだだけで汗が出てきた。コールされ左の4列目にスタンバイする。スタートしてすぐにアスファルトの登り左コーナーなので落車に巻き込ませないように気をつける。スタート15秒前の音楽がやけに緊張した。そしてスタート。長いアスファルトの登りを駆け抜けてく。スタートがうまくきまりいい位置を走ることができた。日本と全く違う人数、自分がどのぐらいのところで走っているのかわからなかったが雷太さんから「29位」と言われる。そこからどれだけ落とさずにあげられるか。最初のドロップオフで1人、2人と抜かされるが長蛇の列だったので焦らず冷静に前を追う。

Photo by uci mountain bike

後半からある程度の3~5人のパックに分かれ始め、パックで前を追う形となった。2,3周目は特に順位な変動はなく自分の中でいつもより足が動いていた。

Photo by Nakagawaさん

4周目から前から落ちてくる選手を捕らえる。順位も少しずつ上に上がる。ラスト1周。気づいたら2人後ろから最後尾のバイクがいていた。やばいと思い更にギアをかけ前を追う。前には2人いて4周目の時から徐々に差を縮めていたので追いつけるという気持ちが強かった。後半の部分で追いつき、ラスト200メートルまで抜かすポイントがなかったが、最後のスプリントでギアをかけて抜かし38位で終わった。

今回は自分の中ではすごくいい走りができ、すごく楽しかったです。でも、圧倒的な1位の強さを学びました。今の自分では世界では通用しない。もっと世界のレースに挑戦したいと思いました。来年はU23になるので、「通用する走りができるようにすること」「いけなかったものをいけるようにすること」「目標は世界」「たくさん練習すること」他にもまだまだありますが、同じことを繰り返さないようにします,


応援、スタッフの皆さんありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

TEAM SCOTT 松本璃奈

0 件のコメント:

コメントを投稿