2018年12月14日金曜日

チャンピオンジャージ制作

©FABtoroni+camera
こんにちは、マシュンです。レースウィークがまだまだ続きますが、明日より宇都宮が開催となります。UCIレースということで男子エリートは海外招待選手も含めて豪華な顔ぶれ。そして、エリート女子は国内選手のみですが、応援よろしくおねがいします。

宇都宮シクロクロスHP:https://utsunomiya-cyclocross.com/2018/



さて、チャンピオン誕生から5日目。水面下でデザインが上がり、ウエイブワン様にチャンピオンジャージを制作していただいております。出来上がりは流石にまだ先ですので、今週末にはお披露目となりませんが早急に取り掛かっていただいております。このチャンピオンジャージも細かいロゴ規定があって、JCF本部に確認いただき認証が必要ですので作っておく事ができないのが難点ですが、4回の打診でなんとか通過した案なのでした。


ともかく、これでスコットに2着目のチャンピオンジャージが登場です!来月の中旬が予定らしいので、楽しみにしててくださいね!



2018年12月11日火曜日

全日本レースレポート (松本璃奈)

日時:2018/12/09
大会名:第24回シクロクロス全日本選手権大会
開催地:滋賀県マキノ高原

機材
バイク:SCOTT/ADDICT CX 20 DISC
メインコンポーネント:シマノ/XTR
ハンドル・ステム・シートポスト:タイオガ
サドル:エルゴン/SMR3 PRO 
ホイール:DT SWISS/PRC 1400 SPLINE スプライン
タイヤ:IRC/ TUBELESS
ヘルメット:SCOTT/CENTRIC PLUS
バイクジャージ:ウェブワン/SCOTT デザイン
グローブ:SCOTT/RC TEAM LF

結果
Women Elite:1位

全日本の週にはいるとなぜか雨が続き、外練がなかなか出来ずローラーで調整しました。
レース前後も雨予報がでていて天気が心配でした。金曜日にタイヤをシラクに変えました。コースは前回とほとんど変わらなかったのですが、雨がぱらついていたので路面が濡れていました。試走する時に、前回のラップタイムと比べて走りました。
地元の人によると「明日は雪が降るかもね」と言われ当日の天気がますます心配になりました。

レース当日。朝起きると外が真っ白。まさかとは思っていたが、地元の人達の予想が当ってしまった。SENL号がスタッドレスで無かったのでバタバタ。会場まではそんなに離れていない宿だったのが、唯一の救いでしたがいざ会場着くと15センチぐらい積もっていました。自分たちの車もスリップして押す場面がちょこちょこありましたが、会場は押す場面がたくさんあり朝から筋トレをしました。宿に一旦戻り朝ごはんを食べ再び会場に向かいました。

ジュニアレースとUCI23レースを観戦し、乗れるところと乗れないところを確認しました。レース前に試走できる場面があったので最終確認をし、固定ローラーと3本ローラーでアップをしました。

今回のゼッケンは、6番と一桁で一列目にスタンバイ。雪が降り続いている中、ギリギリまで除雪作業が行われた。
Photo by Sakaiさん
スタートからトップにたつ。しかしすぐに雪の中、乗っても進まないので降りて走る。
Photo by Sakaiさん
少し後ろと差ができたが、後ろの選手が乗って来たので乗ろうとしたところで接触。少しペダルが引っかかったがすぐに取れたので押して走る。2番手で走っていたが、進まないところは押す作戦でまたトップに出る。そこからどんどん後ろを突き放す。
Photo by BOSS.Takagiさん
1周目だったので様子見で走りましたが、2周目に入った時には後ろと30秒ぐらい離しました。
Photo by Sakaiさん
単独になりましたが、降りるところ乗るところを冷静に見抜く。
Photo by BOSS.Takagiさん
弟と小島さんにアドバイスをもらう。
Photo by BOSS.Takagiさん
後半になるにつれてこの階段が凄く辛くなる。そしてラスト1周。もう後ろは見えて無いので、前の選手を追うことにした。
Photo by BOSS.Takagiさん
最後のシケインは足が上がらずつまずきそうになった。
Photo by BOSS.Takagiさん
最後のスプリント。弟が手を出していたけど届かなかった…。
Photo by Sakaiさん
後ろと2分離してゴールしました。

今回は初の全日本チャンピオンに輝く事ができました。レースが過酷過ぎて途中これなんのレースだ?と疑問に思う場面もありましたが、みなさんの応援・サポートのおかげで最後まで楽しく走ることができました。また、これを機会に海外でも戦える自身にも繋がりました。
Photo by BOSS.Takagiさん

Photo by Sakaiさん
毎回サポートしてくださる第2のパパ小島さん。

Photo by Sakaiさん
コーチ&監督をしてくれるお父さん。

Photo by Sakaiさん
いつもサポートしてくださるSNELチームの皆さん!
本当に感謝しかないです。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近新聞の取材やテレビの取材、優勝インタビューなどたくさん!
今一番困っている。なぜなら、インタビューが凄く苦手ですぐ終わらせちゃう癖があるのと、自分がいていることがよくわからなくなってしまうことだ。それと、親がもっと女の子らしく発言しなさいといわれる。そんな事言われても無理ー!ってか、そういう自分を想像しただけでゾッとするんだけど(笑)ってことで、いつも通りに喋ります!
ま、これはいいんだよ。問題はインタビューの受け答えだよ。もー、どうしよう。練習することではないからなれていくしかないのかな?誰かたすけて〜S.O.S!

そう言えば、気づけば登校日数30日。免許講習まで1ヶ月きったー(汗)
色々やばし。学校は大丈夫走だけど、免許講習だよ。親がとばす人だから自分もとばしそう(笑)もしかしたら、いきなり事故るかもね(汗)そろそろ本気で免許勉強しようかな。ってことで、色々頑張ります1




TEAM SCOTT 松本璃奈


2018年12月10日月曜日

全日本チャンピオン獲得!

Photo by BOSS Y.Takagi

全日本選手権が終了いたしました。

シクロクロスの日本一決定戦は、前日から一転の銀世界。チーム・スコットからは2名出走。

トップバッターは松本璃奈選手が女子エリート出走です。周囲の予想も候補者として3名の中に入り、念入りな試走も順調に。外でアップすることが困難なので、3本ローラーと固定の両方を使ってアップ。合間にはランニングも入れて入念にしていました。


スタートから積極的に冷静に展開し、30秒のリードで3周レースを2位の今井選手に2分リードして圧勝する事ができました。途中激励も一部の卑劣な監督からは罵声もあったそうですが、それを跳ね除ける気持ちが彼女に更に火ををつけたようです。


これをステップに海外への挑戦が始まります。次の週末は宇都宮へとUCIポイントの獲得と世界選手権を見据えたスタート順位の為に参戦です。





Photo by BOSS Y.Takagi
サンスポドットコムさんより
サイクリスト:https://cyclist.sanspo.com/442370
シクロワイヤード:https://www.cyclowired.jp/news/node/284387
長野県の自転車総合サイト:http://cyclingnagano.com/alljapancx2018-matsumoto/
スポエンサイクル:https://cycle.spoen.jp/news/38634


Photo by BOSS Y.Takagi

そして、男子エリートからは僕、松本駿が出走しました。試走は前日のみで変な感触を触れたくないために当日はローラーのみでアップ。コース状況は泥つまりとグリップ優先で、タイヤをMUDに。得意の悪天候な雪路面に期待を胸にスタートは2列めよりスタート。

ペダルにハマらず苦戦しながらも、ランと乗る事を繰り返してあくまでもスピード最優先に。15位から中盤から一桁に追い上げて9位に。シングルリザルトを刻んだ。

シクロワイヤード:https://www.cyclowired.jp/news/node/284386

Photo by BOSS Y.Takagi
Photo by BOSS Y.Takagi

チーム・スコットへの沢山の応援に励まされ走る事ができました。また、現地でおあいしましょう。翌週の宇都宮へと参戦します。



2018年12月4日火曜日

IRCカップ レースレポート (松本璃奈)

日時:2018/12/02
大会名:東海シクロクロス 第3戦 新城
開催地:愛知県新城市

機材
バイク:SCOTT/ADDICT CX 20 DISC
メインコンポーネント:シマノ/XTR
ハンドル・ステム・シートポスト:タイオガ
サドル:エルゴン/SMR3 PRO 
ホイール:DT SWISS/PRC 1400 SPLINE スプライン
タイヤ:IRC/SERACCX EDGE TUBELESS
ヘルメット:SCOTT/CENTRIC PLUS
バイクジャージ:ウェブワン/SCOTT デザイン
グローブ:SCOTT/RC TEAM LF

結果
Women Elite:1位

今回のコースはど平坦だったので自分にとっては不得意なコースでした。
アップは会場周辺の山道でしましたが、登ったと思ったら下ってしまったので、これどこに続くんだろうと興味本位で足を回しました。で、出たところはよくわからなかったのでグーグル先生に聞いてなんとか会場に戻ってきて、ランニングをしスタートラインに並んだ。
Photo by BOSS Y.Takagi
C2、CMの次に時間差スタートでした。また、C2には弟の松本一成が出ていたので追いつかれないようにとプレッシャーもありました。
スタートは、BMXの選手でもある瀬戸選手がホールショットをきめた。
しかし、ここは焦らず冷静に前を追い、中盤からは先頭でレースを展開していった。
後半からは宮内選手とパック走行。
Photo by BOSS Y.Takagi
2,3周目も状況は変わらずずっと先頭を引っ張り自分のペースで走行した。
photo by Takakiさん
しかし、4周目でレースに動きが出た。宮内さんがトップにでて自分は前を展開となった。「こんなに前を引っ張ったのにこのまま優勝させるわけには行かせないぞ」と思い冷静に前を追う。
photo by Takakiさん
後半になるに連れて、CMの選手に追いついていくので階段やシケインのラインを上手く見分けまたトップに立つ。そこからトップを一回も譲らずそのままゴール。
Photo by BOSS Y.Takagi
相当疲れたのか顔がしんでる(笑)

今回はパックだったのでスピードが落ちず、ラップがキープできていました。
最近のレースはラップをキープすることができるようになり、前まで後半の落ちがだいぶなくなりました。

今週末は全日本。最後まで調節しつつ体調管理に気をつけます。

応援サポートありがとうございました。

TEAM SCOTT 松本璃奈

2018年12月3日月曜日

IRCカップ(東海クロス3戦)

© BOSS Y.Takagi

こんにちはマシュンです。昨日はIRCカップ参戦のため、愛知県新城市ふれあいパークほうらいへと行ってきました。ぎりぎり日帰り圏内でしたので、3時間の移動で現地へ。既に12月突入でしたが、例年いなく温かい気温で17度!冬用のワンピーで走る気満々でしたが、もう一度着替えてサマーモードに。コースコンディションもホコリが巻き上げて、グラウンドの渦を巻くレイアウトで目が回りそうな感じだし、コーナーのグリップ難しい。初心者には安全で楽しめて、平坦を行ける地脚とテクニックが鍵となるコースでした。そして、今回の参加者は490名!その他応援者も合わせると単純に1,000名は会場にいたのではないでしょうか!そして、IRCタイヤカップ冠スポンサーですので、3,000円の参加費にケータリングサービスのドリンク券2枚とカレーうどん券1枚と大会記念品のニットキャプでしたからお得感満載です。

©MOTOHIRO TAKAKI

さて、レースの方ですがトップバッターは僕、マシュンです。スタートは少ないUCIポイントとJCXポイントが有っても、東海クロスノーポイントですので、ローカルルールによって最後尾出走・・・。苦手など平坦コースなのですが、とにかく行くしかない!連続コーナーと選手をかいくぐり、グラウンドに入る頃には、先頭集団から離れていて追いつくすべもなく淡々と我慢勝負となりました。それでも、歓声は多くすれ違いざまのタイム差だけを気にして、シケインもバニーホップで飛び越えて重ねる周回ごとにタイムを短縮へ。5位の山中選手までは最終的にゴール5秒まで迫って終了。


©MOTOHIRO TAKAKI


続く急遽参戦となった松本一成選手はC2で出走。スピードスケートシーズン真っ只中で、前日ジャパンカップの富士急で2日間競技をこなし、野辺山ぶりにバイクに跨ると言う状況でしたが、試走から普通に走っている姿には誰もがそうは思わなかったでしょう。そして、彼も東海クロスノーポイントで最後尾スタートでしたが、縫うようにくぐり抜けてシケインをバニーホップで越えてそのままトップに。





©MOTOHIRO TAKAKI


2位とは20秒離し、このまま独走かと思われましたが、グラウンドのテクニカルで5秒まで詰められ、最終的に3秒まで詰め寄られましたが、階段からのメインコースでは優勢。その差を10秒と離し見応えあるレース展開で、最終ラップでは15秒ほど離しての圧勝!


©MOTOHIRO TAKAKI

同時間にCL1も同時出走で松本璃奈選手が参戦。元全日本チャンピオンの宮内選手が有利なコース展開で、彼女も同じスコットアディクトCX乗りという事で、もはや地脚勝負となる注目のレースでもあります。スタート後から二人のバチバチした展開で走り、C2のライダーやマスターの選手が入り混じり縫いながら意地の張り合いが続きます。中盤に宮内選手が仕掛けて、一位になりました。2番手で進みグラウンドの連続コーナーでライダーが中間に入りますが、なんとか食らいついてピッタリと離れないのは調子の良さを伺えます。1周半ほど譲りましたが再びトップとなり、ラスト周回で一気に突き放し優勝。来週への自信へつなげることができました。


会場での応援大変ありがとうございました。
来週はいよいよ全日本選手権マキノ!会場で再び応援よろしくお願いいたします。




2018年11月27日火曜日

JCX マキノ高原 (UCI2)レースレポート 《松本璃奈》

日時:2018/11/25
大会名:JCXシリーズ第8戦 マキノ高原 Day2 (UCI2)
開催地:滋賀県高島市マキノ高原

機材
バイク:SCOTT/ADDICT CX 20 DISC
メインコンポーネント:シマノ/XTR
ハンドル・ステム・シートポスト:タイオガ
サドル:エルゴン/SMR3 PRO 
ホイール:DT SWISS/PRC 1400 SPLINE スプライン
タイヤ:IRC/SERACCX EDGE TUBELESS
ヘルメット:SCOTT/CENTRIC PLUS
バイクジャージ:ウェブワン/SCOTT デザイン
グローブ:SCOTT/RC TEAM LF

結果
Women Elite:1位

今回は三連休といたこともあり、中日の早朝に家を出て会場に向かった。お父さんが講習会に参加中だったので知り合いに連れて行ってもらいました。会場に着くと、近くの山に薄っすらと雪が積もっていて、少し肌寒かったです。午後試走だったので、午前中は自転車のメンテとGRMのチヒロの応援をしました。まあ、自転車のメンテはテンパりダイキパパにお手伝いしてもらいなんとかできました。
マキノは初レースだったので、どんなコースかワクワクしていました。一周走った感じだと、「このコース楽しいし、めっちゃ得意じゃん」って思いました。そのあと、SNELチームのみんなと集団で走ったのでレースのイメージをつけることができました。

レース当日。最終チェックのコース試走をしてレースに備えた。男子ジュニアのレースを観戦しながらローラーでアップ。
スタート位置は前列の一番端っこ。じゃないと落ち着かないっていうのもある。ホールショットを決めスタートする。
Photo by Sakaiさん

前半早々にSamantha選手とバックになりレースを展開。
Photo by Sakaiさん

パックで走行していたので、スピードが徐々に上がり1周目のラップは8分ジャストぐらい。あっ!やばって思いましたが、同じくSamantha選手も同じことを思ったのだろう。少しペースを落として2周目に入る。1周目は先頭で走ったので、2周目はSamantha選手に引っ張ってもらった。少し離されてしまったが、そんなに焦ることなく追っていった。
Photo by Sakaiさん

むしろ「落ち着け」と自分に言い聞かせた。中盤にSamantha選手がパンクをしたので、一気に前に出た。
Photo by Sakaiさん

そこからどんどん離していき3周目に入る。
後ろは1分以上離れていたので、自分のペースで走る。前には最終ライダーが走っていたので前を追う。
Photo by Sakaiさん

4周目に入ると、後ろのSamantha選手が追い上げてきていたので30秒前後まで詰められてしまった。しかし、ここも焦ることなく走る。むしろ、焦るとパンクなどのトラブルになるのでそれだけは避けたいとおもった。
Photo by Sakaiさん

コースに幅が狭く高さがある階段スロープがあり、そこで足が一瞬攣りそうになった。
限界が出始めたと思いとにかく足を回した。
ラスト1周!後ろと20秒。流石にここまできてとられたくないと思い、余計なところで足を使わないようにする。
Photo by Sakaiさん

後半は後ろと15秒と10秒とどんどん差がなくなっていく。会場の人たちの応援が聞こえる。
Photo by Sakaiさん
最後のストレートの登りはありったけの力を振り絞ってダンシングをしてゴールした。
photo by Sakaiさん

今回は野辺山のリベンジだと思って挑みました。また、Samantha選手にも連勝させたくないという気持ちも強かったです。その気持ちと不運が強運に変わり優勝できたのだと思っています。
全日本まで2週間をきりました。同じ会場で行われるのでいいイメージトレーニングができ全日本が楽しみです。この優勝した感覚を忘れずに全日本まで調整していきたいです。

Photo by Sakaiさん
Photo by Kasukabephotoshopさん

応援、サポートありがとうございました。

TEAM SCOTT 松本璃奈


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
久しぶりに書くかー。

レース終了後にドーピングの説明。スラーと言われたけど全く理解できない。ってか、いろんなところぶっ飛ばしてない?なんて思いながら聞いていたら、「まさかはじめて?」なんて言われて「はい」と答えたら驚かれた。
そんなに驚くか?(笑)まだ18歳ですよ。まっ、ここはどうでもいいいんだけどね。
長かったのはここからだよ。まず、出そうにない。そして、男子エリートがスタートする。見に行きたいけど、監視されているからどこにもいけない。出来ることは、ひたすら水を飲むこと。しかも、会場から少し離れているので誰が一位かもわからない。窓を開けて必死に耳を傾ける。そうこうしている間にレースが終了。そして、やっとでてドーピング終了。そして、その帰り道から謎の腹痛に苦しめられ最終的には立っていることすら辛かった。月曜日になんとか回復したが突然痛み出すので、その日は学校もバイトも休んで回復に専念した。そんなこんなで今日をむかえ、今だに急に痛みがくるので困っている。
親が「盲腸や虫垂炎だったら手術だよ」って言ってくるからむしろものすごく怖い。
はやく治らないかな。。。。

マキノラウンド優勝!





こんにちはマシュンです。先日はシクロクロス全日本選手権と同会場となる滋賀県マキノラウンドでの大会が行われました。UCIクラス2、JCXシリーズということもあり、メンバーは大半がエントリーしていて盛り上がるレースでもあります。



今回のチーム参戦者は松本璃奈選手のみ。幕張と野辺山2日間は前半のいいイメージで走れたことと、結果を繋げられるようにとても集中してレースに挑んだようです。そして、今回はアメリカのサマンサルーネルズ、全日本チャンピオンの今井選手との勝負。ただし、野辺山終了後は体調を崩し風邪を引いてしまうなど、回復することで精一杯な調整となっていました。積極的な展開でとにかくリードする。これが今年の作戦で、スタート位置と入念なアップをしてレースに挑んだそうです。



勝負運を全てこの日に使っているかのように見えますが、野辺山からのバイクショップスネルでのピットサポートで男子のレースには自らもピットに入り、機材の重要性を学ぶのと同時に、店長の諏訪氏とメカの小島氏のアドバイスでポジション変更して、いきなり結果を結び付けられたことは大きな成果の現れだとおもいます。自転車選手にとっても重要なキーワードとなることは、助言を受け入れる。コーチからのアドバイスを受けられる環境が勝利への鍵となりますが、僕自身もそうですが自転車が乗れるからいいと言う考え方の文化は日本選手の悪い傾向ではないかとも考えさせられる機会ともなりました。

                                                            ©Kasukabevisionfilmz

2週間後の全日本選手権へ一歩リーチ!と言う形となりました。

そして、今週末は愛知県新城で開催の東海クロス3戦IRCカップと全日本選手権へは2名で出場します。

沢山の応援ありがとうございました。