2018年6月5日火曜日

初優勝!一里野レポート(松本璃奈)

日時:2018/6/3(日)
大会名:Coupe du Japan 白山一里野
開催地:石川県白山市

機材
バイク:SCOTT/スケールRC7002016
メインコンポーネント:シマノ/XTR
ホイール:シマノ/XT&シマノ/XTR
ハンドル・ステム・シートポスト:タイオガ
サドル:エルゴン/SMR3 PRO 
グリップ:シンクロス/PRO LOCK-ON
サスペンション:FOX RANCING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト (65psl)コンプレッション-8
タイヤ:IRC/ミトスチューブレスレディー/29×2.1(1.7bar)
ヘルメット:SCOTT/CENTRIC PLUS
バイクジャージ:ウェブワン/SCOTTデザイン
グローブ:SCOTT/RC TEAM LF
シューズ:シマノ/XC9

結果
Women Junior TT:優勝🏅
Women Junior:優勝🏅


今回は先週の富士見からの連戦でした。前日にはショートコースでTTが行われました。スピードとタイムが勝負なので、当日のイメージができました。
また、試走は前半の部分が変わっていたのでそこを中心に確認しました。

当日。弟のレースを観戦し、自分のレースに向けてアップを開始した。連戦だから疲れがあるだろうと思ったが、意外に足が軽い。
いよいよスタート。人数も少ないので2列目にスタンバイ。いつもスタートで出し過ぎてしまうので抑えてスタートをきった。
photo by  Itoさん
だか、すぐに挟まれてしまい行き場を失う。必死に叫んで場所を確保するがうまく伝わらない。ハンドル同士が当たりつつもなんとかパスができた。しかし、相手の方はバランスを崩して転んでしまった。本当に申し訳ない気持ちと出遅れたという気持ちとともにその場を後にする。
photo by Itoさん
最初の登りを登りきったところでトップにたつ。焦り気味だった気持ちを落ち着かせる。小林選手が登りで仕掛けてきて抜かれたが抜き返す。
photo by Itoさん
その後、一定のペースを保ち一周目を終え2周目に入る。呼吸の仕方を変えたせいかいつもより息が上がらない。しかし、シングルの手前でチェーンがおちて焦る。
photo by Itoさん
二周目はラップを2分落としてしまい三周目に入る。差が縮まり小林選手がみえ、焦ったせいか丸太の前で前転。しかし、そこは焦らず冷静に対応ができた。
photo by  Katoさん
そしてラスト一周。また、差が広がったのであとは最後まで粘るのみ。しかし、中盤の坂で小林選手が仕掛けてきて差があっという間に縮まる。でも、なぜか焦る気持ちはなく冷静だった。とにかく、最後のシングルはトップで入れば勝てると思った。
photo by Nakagawaさん
そして小林選手がぴったり後ろについた状態で最後のシングルに入る。そして最終コーナーの出口で加速しスプリント勝負でゴール。
photo by Nakagawaさん

今回は今までの大会の中で一番冷静なレースでした。絶対トップを維持して抜かれたら抜き返すという気持ちがすごく強かったです。また、ジュニアクラスでの初優勝というのもあってすごく嬉しかったです。ここで勝てた気持ちと感覚を忘れずに次のレースに挑みたいと思います。
photo by Itoさん
応援、サポートありがとうございました。
次回は田沢湖になります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その他…。
最近、あちこちで「今大学生?」と言われる。内心大人っぽく見られているのは嬉しいがまだJKなんですよ😭
JKといえば青春。青春といえば彼氏さんですよね。でも、そう簡単には手に入りません💦青春漫画みて思うこと。1.こんな人おらんわー!2.文化祭楽しそう(←現実あまり楽しくない)3.こんなことしてみたい💭4.意味不明5.お祭り!すごく行ってみたい!
なんて、最近思いながら漫画に目がいっちゃうとこ。今年こそはと思いつつ気づけば2年が経過しているというね…😂

そんで、今年の文化祭はなんと!田沢湖ともろかぶりました😅文化祭も行きたいところだけど、全日本も近くなってきてるので大会優先で!ってことで、青春の大イベントは終了ってことになりますね😅

以上、私の青春話でした。

TEAM SCOTT 松本璃奈

















石川県一里野参戦

©Sumpu Photo

こんにちは、マシュンこと松本駿です。週末は石川県白山市の取手渓谷が有名な近所の白山一里野温泉スキー場ヘ行って参りました。

土曜日はXCコースを短縮してのタイムトライアル。昼より開催されました。松本一成選手は、交通事故からの復帰戦でまだ様子見でしたが、ユース男子で優勝。全体でも5位という好成績という結果でした。続く、松本璃奈は一人のみの出走で当然の優勝。松本駿は7位と苦手意識ながらも挑戦です。

続く翌日は、XCO(クロスカントリーオリンピック)決勝日。晴れ間と暑さが予想されました。トップバッターは引き続き、ユース男子の松本一成選手。6名出走と少ない状況ですが、走り出してしまえばハイレベルなレース展開となります。久しぶりと言っても、前回の愛媛県八幡浜から3週間後の復帰戦。身体はリフレッシュされていますが、交通事故からまともに練習したのは2日ほど。(普段もそれほど自転車の練習を取り入れること無く、陸トレがメインですから。)本人も不安ながらのスタートでしたが、走り出してしまえば感覚を思い出し、トップで走り出して行きます。2周目まではいいリズムで走れていましたが、レースはそう甘くは無く腰が痛みだす状況。ところが運良くも、2位の中島選手がメカトラブルがあり後退。かなりのペースダウンをしていましたが、保守して優勝することが出来ました。


 ©SL Media

続くは、ジュニア女子松本璃奈です。ダントツだったはずの川口選手が今大会は不在で、小林選手との一騎打ち。スタートこそ、エリート、U23、ジュニアのクラス順と言うことで混戦の中での始まりですが、第一コーナーから坂を登る頃にはトップに上り、みるみる引き離しにかかります。1周目の45秒リードと独走に展開を作り上げて走ります。ところが、後半になるにつれスピードは大失速。3周目は14秒まで見る見る詰め寄られてしまい、前半のリードが全く無くなっていました。結果的に最終ラップにはゴールストレートまでわからない順位。それでも、得意のゴールスプリントをもぎ取り、本人初優勝を成し遂げました!

©SL Media
続く僕、松本駿は、3列目スタートから抜け始めると、6位の集団走行となります。3周までは前まで10秒前後で、微かに2位まで見える距離までチャンスは見えていました。前日の試走もじっくりとラインを見極めていたので、一度失敗するも得意のコースに新しく設けられたセクションを自分の優位になるように繋げられていたと思います。4位の恩田選手まで10秒まで詰め寄りましたが、その差を縮めることは出来ず。そのまま5位で、今季初の一桁ベストリザルトでゴールとなりました。

また、同会場では大試乗会が開催されて、多くの方が僕たちのブースにもお越しいただきました。ロードバイクで自走組もいらっしゃったようで、北陸の方との交流も大変嬉しかったです。スコット試乗ブースも大盛況だったそうで、お越しいただきました皆様楽しまれていたのが印象的でした。ありがとうございました。

最後に各選手レースレポートリンクです。

松本駿:https://bigmashun.wordpress.com/2018/06/05/白山一里野レースレポート/
松本璃奈:http://teamscottjapan.blogspot.com/2018/06/blog-post.html
松本一成:http://teamscottjapan.blogspot.com/2018/06/blog-post_4.html

次戦は、秋田県田沢湖大会で松本璃奈と松本駿の2名が出走となります。
応援ありがとうございました。



TEAM SCOTT 松本駿





2018年6月4日月曜日

一里野大会レースレポート(松本一成)

期日:2018年6月3日  場所:石川県白山市 一里野スキー場
天候:晴れ 気温28度 コース状況:ドライ
機材
バイク:SCOTT/スケールRC7002016 メインコンポーネント:シマノ/XTR
ホイール:シマノXT&シマノXTR 
ハンドル、ステム、シートポスト:タイオガ
サドル:エルゴン
グリップ:エルゴン/GE1
サスペンション:FOX RACING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト(65psl)コンプレッション−8
タイヤ:IRCタイヤ/ミトスチューブレスレディー29x2.1(1.7bar)
ヘルメット:SCOTT/セントリックプラス/ブラックRCイエロー
バイクジャージ:ウエイブワン/レジェフィットスコットデザイン
シューズ:SCOTT/SHOE MTB RCイエロー
チェーンオイル:フィニッシュライン/セラミックワックス&ウエットルブ


結果:1位

レース前日
朝早くに起きて家を出ました。
そして会場には9時に着きました。天気は晴れていて凄く暑かったです。前日はタイムトライアルがあったので、試走が10時まででした。なので急いで準備をして、試走に行きました。
試走は時間があまりなかったので、タイムトライアルのコースを二周しました。
コースは例年に比べたら、すごく乾いていて走りやすかったです。
試走が終わったら、12時40分からタイムトライアルだったので、しっかりアップをしてタイムトライアルに出ました。
タイムトライアルでは結構いい走りが出来て、ユースの中で一位のタイムを出せました。
その後試走の時間があったので、試走に行きました。
コースは新設のところがありましたが、突っ駆らずに行けたので良かったです。

レース当日
レース1時間前からアップをはじめました。
会場はすごく暑かったのでアップのときはこまめに水分を取りました。
スタートは一列五人しか並べずいつもに比べると狭かったです。
©Sumpu Photo

そしてレースがスタートしました。久しぶりだったのでスタートで出れるか不安でしたがいつもどおりペダルキャッチがうまくいき一位で行けました。
©Sumpu Photo

そしてそこから一位をキープしていき、フィードのあとのゲレンデの登りで登りきるまでほとんど全開で踏んでいきました。
そしたら後ろと差が少し開いたのでさらに森のなかの直線で踏んでいき、もっと差がひらきました。
©Sumpu Photo

そこからは、独走状態でずっと走っていきました。

©Sumpu Photo

三周目から結構腰が痛くなってきてしまいペースが一気に落ちてしまいました。
しかし止まることなく、4周目も走れたので良かったです。
そしてそのまま一位でゴールできました。


今回は、事故からの復帰戦でした。
全然自転車に乗れていなくて不安でしたが一位を取る頃ができました。
本当は事故のやつで一ヶ月安静にしてないといけなかったのですが頭を打たなければ大丈夫なので大会に出ました。それもあり今回は下りやシングルトラックで転ばないように慎重に行きました。
次に出る大会は全日本なのでしっかりトレーニングをして挑みたいと思います。
全日本では、事故からも一ヶ月たっているので本来の走りをして、日本一になりたいと思います。
今回も暑い中応援ありがとうございました。

TEAMSCOTT
松本一成








2018年5月28日月曜日

富士見レースレポート(松本璃奈)

日時:2018/5/27
大会名:Coupe du Japon 富士見
開催地:長野県富士見町

機材
バイク:SCOTT/スケールRC7002016
メインコンポーネント:シマノ/XTR
ホイール:シマノ/XT&シマノ/XTR
ハンドル・ステム・シートポスト:タイオガ
サドル:エルゴン/SMR3 PRO 
グリップ:シンクロス/PRO LOCK-ON
サスペンション:FOX RANCING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト (65psl)コンプレッション-8
タイヤ:IRC/ミブロマラソンチューブレスレディー/29×2.1(1.6bar)
ヘルメット:SCOTT/CENTRIC PLUS
バイクジャージ:ウェブワン/SCOTTデザイン
グローブ:SCOTT/RC TEAM LF
シューズ:シマノ/XC9

結果
女子ジュニア 3位


弟の事故もあって金曜日までバタバタでした。病院にちょこちょこ通い弟の様子をチェック。メッセンジャーで連絡しても返ってこなかった時はすごく心配でした。

前日。コースがガラリと変わったので1からリセット。1周回っただけでもあちこちでミスを繰り返した。1周しか回っていないのに3,4周回った気がした。一番大きく変わったのは、ロックセクションのところでした。初心者、上級、中級と3レーンあり、初心者はいつものロックセクション、上級は三連の岩越え、中級はドロップからの大岩でした。前からCJコースで大岩が使われると聞いていたので、練習済みで自分は中級を選びました。最初のドロップでうまくペダルの位置とスピードを調節しないと次のコーナーが曲がらなかったりぶつかったりするので、いかにスムーズにこなせるかを把握しました。

レース当日。弟が自走でパノラマまで行くと言い出したので一緒にライド。ドクターストップかかっているのに…なんて思いながら先頭を引っ張ってもらった。会場に着き、男子ユースを観戦。我慢できなかったんだろうな…イーバイクで暴走。流石にヘルメットを被ってもらった。そうこうしている間にアップ時間が迫ってきた。しかし、ロードバイクで来たのでまだバイクが届いていない。しょうがなく弟のバイクでアップ。自走で来たせいかいつもより足が軽かった。スタート30分前にバイク到着。ここからが本当に忙しかった。ジャージを着替えて、バイクチェックしてなんとか招集時間には間に合った。
さて、いよいよスタート。スタートラインに並んだらいきなり30秒前。焦らずリラックスする。ピストルがカチっとなり鳴らなかったが2回目の音でスタート。前が川口選手だったのでぴったり着く。
photo by Itoさん
自分の方がもう少しいけると思い先頭にでる。そこから少し独走状態に入り気持ちを落ち着かせる。
photo  by  Itoさん
1周目の前半は先頭を走る。この後カーブの枝に捕まる。
photo by Itoさん
(あとあとみんなの写真を見て思ったが意外に捕まっている人が多い😂)
変なところでミスをしたくないのでとにかく焦らない。
photo  by Nakagawaさん
登りの途中で刺されたが焦らずついて行く。この後離されてしまい独走状態となる。前はパックなので、どんどん差が開いてしまった。
photo by Itoさん
2周目はラップを1分落としてしまい、トップとの差が1分30秒ぐらいついてしまった。
photo  by  Itoさん
弟にボトルをもらい「水分とれ!」って怒られる。1周目と2周目で一本もとってなかったので、流石にやばいと自覚する。そこからは水分補給を忘れずにとった。
3周目に入り、3位の川口選手との差が1分30秒でした。これはいけるんじゃないかと思い、徐々にペースを上げ追いかける。
photo by Itoさん
4周目に入った時は差がかなり縮まり40秒ぐらいでした。そこから中盤の登りで追い上げて追いつく。しばらくは後ろであおられていたが、少しペースを上げたら一気に離れた。そこからはラストスパート。後ろを気にせずに、とにかく今の順位でゴールすることを考えた。
photo by Nakagawaさん
最後は本当に嬉しくて思わず笑顔とガッツポーズ!その後はお母さんが来て「勝ったよ!」と言って嬉し泣き。ずっと背中しか見えなかったし、抜かせても抜き返されるし正直こんな形で勝てるなんて思ってもいませんでした。

今回は前半は良かったものの中盤を落としてしまいました。後半は粘り強さと負けず嫌いさがでたかなって思います。次回は1週間後の一里野なので、リカバリーしつつ次も勝てるよう頑張ります。


今回もオーストリアのジュニア選手と仲良くなりました!
一緒にいて楽しかったです😂高速のスピードとかゲート何キロまで大丈夫かいろいろ話した。一番おもしろかったのは「ゲートを100キロで通過しても大丈夫?」って聞かれたときだね!?今度はいつ会えるかわかりませんが、仲良くなれてよかったです!気をつけて帰
ってね👐


今回も応援、サポートありがとうございました。次回もよろしくお願いします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レースが全て終わった後は今度は弟と自走で帰宅。しかし、帰り始めて5分後にパンク。おいっ!ってなりました😂しかも、リムも曲がったらしいからどんだけ暴れてるねん!って事で、最終的には一人で帰宅。なぜか時速40キロでてたんだよね…。レースでも出たらいいんだけど…。
帰宅後疲れて爆睡。気づいたら20時で、自分以外はmomoステーキハウス行ったみたい…。そんな…って感じでまた爆睡。次起きたら朝でした😅そんで、今日から学校です。違う意味で泣きたい。はやく社会人になりたいな…。

TEAM SCOTT 松本璃奈









CJ富士見応援ありがとうございました

©SCOTT JAPAN

こんにちは、マシュンです。週末は、マウンテンバイクでメジャーなパノラマスキー場で国内シリーズ戦が開催されました。スコットブースエリアはチームブースを合わせて5基のテントを構えてスコットファンをお出迎えしていました。特別販売もされていましたが、皆さんゲットしましたでしょうか??また、試乗車もあり、気になるサイズを試しておくのはいかがですか?次回の一里野大会でも試乗車はやりますよ。

さて、レースの話題です。

©Hiroyuki Nakagawa

今大会のチームスコットは、エリート男子と女子ジュニアで2名の出走となりました。女子ジュニアも2名のオーストラリアから参加して、レベルが高いのが伺えます。スタートはエリート女子、後ろからジュニア女子ですが、既に国内の女子はジュニアの方が速さがあります。ダントツのポイントリーダーである川口選手、小林選手とライバル視。オーストラリアジャージを身にまとうカットバート選手、アースストーン選手も気になります。同時出走の為、スタートはエリートを交わすようにジュニア選手が飛び出して行きます。初めはトップで下り始めた松本璃奈で周囲を驚かせ、彼女の意気込みが伝わったことでしょう。その後は4位にまで落ちたようですが、持ち直して3位ゴール。優勝はカットバート選手、小林選手に続き、絶対女王の名にふさわしい川口選手はコンデションが優れなかったようです。ここで自身を持って来週どんな展開になるかが楽しみなジュニアクラスです。

©SUMPU PHOTO

エリート男子からは僕、マシュンこと松本駿が出走しました。連戦にに次ぐ4レース目。かかりこそ悪いものの、経験値でジワジワと魂神の走りで会場を沸かせました!


チームスコットに会場での応援ありがとうございました!引き続き、今週末には石川県一里野温泉スキー場での開催となります。土曜日はタイムトライアル、日曜日はクロスカントリーです。試乗会も同時開催ですので是非会場へお越しくださいね。


松本駿選手レースレポートはこちら
松本璃奈選手レースレポートはこちら




2018年5月19日土曜日

八幡浜レースレポート(松本一成)

期日:2018年5月13日  場所:愛媛県八幡浜市 市民スポーツパーク
天候:雨 気温20度 コース状況:ウェット
機材
バイク:SCOTT/スケールRC7002016 メインコンポーネント:シマノ/XTR
ホイール:シマノXT&シマノXTR 
ハンドル、ステム、シートポスト:タイオガ
サドル:エルゴン
グリップ:エルゴン/GE1
サスペンション:FOX RACING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト(65psl)コンプレッション−8
タイヤ:IRCタイヤ/ミトスチューブレスレディー29x2.1(1.7bar)
ヘルメット:SCOTT/セントリックプラス/ブラックRCイエロー
バイクジャージ:ウエイブワン/レジェフィットスコットデザイン
シューズ:SCOTT/SHOE MTB RCイエロー
チェーンオイル:フィニッシュライン/セラミックワックス&ウエットルブ


結果:2位

レース前日
天気は晴れていて凄く暑かったです。
試走は全部で三周しました。
一周目と二周目は、チームの人とコースをゆっくり走りながら所々練習しました。
三周目は自分ひとりでレースに近い感じで走ってコースを確かめました。
レース前日は、その後すぐに片付けをしてミーティングが終わったらすぐ帰りました。

レース当日
会場に着いた時は晴れていました。
しかしその後、大雨が降ってきました。天気予報でも雨がふることがわかっていたので想定内でした。
そして、いつも通りレーススタート一時間前にアップをはじめました。
アップをしてる間もずっと雨が降っていました。
そしてアップを終えてスタートラインに並びました。
スタートではUCIのルールで15秒前以降いつスタートしてもいいらしくて、それを知らなかったので自分は15秒前のときにメーターのスタートを押したらその直後にスタートの合図が鳴ったのでスタートが出遅れてしまいました。
しかしその後落ち着いていき、シングルに入る時には2位のところにいました。
ですが、雨の降ったせいで自分の予想外のコースとなっていました。
タイヤも泥用タイヤじゃなかったのでシングルのカーブで毎回滑ってまともに走れませんでした。
そしてシングルの登りも根っこで滑ってしまい押して登りました。
サングラスも付けていましたが、泥がついたり曇ったりして、全然前が見えませんでした。
フィードでサングラスを外そうと思いましたが、目に泥が入るのは嫌なので外しませんでした。
 ゴジラの背中も行ってみましたが、すぐに滑って転びました。なので自転車を担ぎながら走って行きました。
二周目も一位のまま一周目と同じ感じで走りました
三周目では、シングルの登りで泥が詰まってギア変速が遅くなりどんどん失速していってしまいましたが、それでも踏めるだけ踏みました。
しかしゴジラの背の手前の上りでギアがおもすぎて踏めなくなり押しました。
そしたら二位の人に追い抜かれてしまいました。でもそこまで差は開かなかったので諦めず行きました。ですがゴジラの背を頑張って勢いで行きましたが最後の方のでかい根っこで前転してしまい、すぐに立ち上がれず、結構差が開いてしまいました。
その差のまま二位でゴールになりました。
今回のレースは去年の全日本並みに悔しかったです。
なのでこれからはレースの時に冷静さをもちしっかり対処できるようにしたいです。

今回も雨の中応援してくださった方々ありがとうございました。
次は富士見なので今回負けた悔しさを富士見でぶつけたいと思います。

TEAMSCOTT
松本一成

2018年5月16日水曜日

八幡浜現地サポート レポート(山内健正)

レースサポートとして今回の八幡浜へ参加した体験を簡単にまとめました。

レースで走る姿を見れば個人競技のように見えるマウンテンバイクも裏方に立てば多くの人と協力が一人のライダーを支えてまさにチームプレイである事を実感しました。
会場入りした金曜日と翌土曜日は選手とのコミュニケーションを通してどんな走りをしたいと考えていて、それに機材をどう合わせるかをコミュニケーションのなかで探りました。試走日は暑いくらいの日差しとグリップの良い路面だが、天気予報でレース当日は雨予報。

ここ八幡浜は毎年天気によってコンディションが一転するレイアウト。晴れればハイスピードなレース展開、雨なら泥とグリップ皆無な路面に遊ばれるレースになる。選手には常に雨を想定してもらえるように言葉をかけて空気圧やタイヤをチョイスしてもらう。自分はそれに合わせてタイヤ交換と機材をチェックしてを繰り返し。コースの話を聞くとレイアウトが変更されているとの事だったので自分もチームゼッケンで試走に同行して確認。実際に走ってその場を見る事でより選手と意思疎通しやすい。
試走後は機材の注油とウエスで機材を拭いて綺麗にする。実際に拭いて触って真近で見ることでしっかりと機材を点検。
迎えたレース当日は雨。コース情報の少ない状態でレースを想定して提案と調整をして選手に機材を託して見守る。レースに出走せずにここまで緊張することもなかなかなかったので新鮮だった。
フィードに持っていくスペアや補給、トラブル時の想定を頭で考えながらフィードエリアへ向かい、ひたすらに無事を祈りながら視界に入るのを待って、来たら渡すものを渡して声をかける。3選手はそれぞれのレースを全力で走れたことは本当によかった。
3人の選手それぞれに求めることも走るレースも違って一人一人とコミュニケーションをして慣れることで今回のレースは終わりましたが、次はこちらからも提案できる様にいろんな想定をして備えます。

山内健正