2017年9月21日木曜日

レーシングスペックの進化


こんにちはマシュンです。先日情報解禁となりましたが、SCOTTもついに29ERとなりました。えっ?SCOTT27.5(650B)が押しだったのに。。。。と言う声も多かったと思います。と言う僕も、26インチがレースではマストアイテム。29インチでハンドルの高さやクランク、ハンドル幅色々答えを探していましたが迷宮して結論がでない。そんな中で27.5ならそれに近い走りと走破性がありました。今期パーフェクト勝利を手にしたニノシューター選手も27.5から29インチにシフトした選手です。彼もまた29インチをテストして受け入れられなかった選手。SCOTTの開発にも携わっていますので、色々なテストをしていますが、この背景にはホイールハブのワイド化。つまり、フロントハブは100mmから110mm。リアハブは142mmから148mmへと広がったブーストハブが多大なる影響をもたらした進化であるのです。つまりは横剛性が格段に上がり、大径化されたホイールはたわみにくくなる。つまりは、ダンシングやコーナーリングでのパワーがかかる時に踏ん張ってくれるので大径化の利点が更に大きく活かされるのが29になった大きな要因です。特にレースでは如何にスピードを上げて、楽に加速できるか?がキーワードです。僕も27.5止まりでしたが、29&ブーストなら受け入れて直ぐにでも乗りたいですし、少し低速のトレイルライドなら27.5プラスで走る楽しさもありだと思っています!


でも、トレイルでお尻擦るし!そんなライダーにはドロッパーポスト。時代はすべてを物語っています。つまり、ドロッパーポストで下げるにあたり、前転しにくくなるし。29の前輪が引っかかりにくくなったから、良いだろ。お尻をそんなに引かなくとも楽に下れたほうが楽しいに決まっている。これが結論です。

ブーストハブだったから成せる進化。
26インチは既に限られた国産車しかなくなりつつありますが、外車はそこがぐんぐんと開発が進んでいます。


2018SPARK RC WORLDCUP

 2016SPPARK RC

さらにフルサスの機能についてです。昨年度の2017年モデルから、上記下から上のリンク形式にモデルチェンジをしました。単純にリアサスを横向きから縦になっただけでなく、リアスイングアームのピボットとBB位置とヘットアングル、ホイールベースを変えられる機能排除で軽量化と簡潔化されたことだけではなく、乗り味はよく動くフルサスとして進化。リアサスユニット自体も逆さまに付けることで低重心化。FOXユニットの外側にピボットを取り付けることでのワイド化が凄く走るバイクへと変えているのです。よーく見るとニノシューター選手もフロントはロックショックスですが、リアユニットはFOXをそのままデカール剥がして使っていますので、観察してみて下さい。 




2017年9月16日土曜日

2018スコットアクセサリー後編



こんばんはマシュンです。昨日に引き続き、後編としてグローブメインで紹介いたしますね。特にカタログで確認できない凹凸やデザインを見てください。色違いももう一つありますが、それはカタログでご確認くださいね。



ウインター系
オールシーズン用
ライドパンツ
ゴーグルもイカしてます!
ソックスもハイソックスやコンプレッションソックスあります。

SCOTT2018 アクセサリー前編





こんにちは!マシュンです。展示会も無事に終わり、後半戦のレースモードへとなりました。台風がやって来るために秋の王滝は中止。(11月に延期との噂もありますが)次回は来週の土曜日妙高杉ノ原。出場の皆様は楽しみましょうね。

さて、2018スコットのご紹介も大詰めです。バイクは全てご紹介していませんので、是非販売店にも足を運んで聞いてみてください。


まずは、ジーニアスが登場しましたのでご紹介します。


モデルチェンジしましたが、スパークと同じリンク形式でもリアハブ近くにリンクの追加、150ミリストローク、剛性を図るためのシートチューブをリアサスギリギリまでのワイド化、ダウンチューブのBB付近にダンパーとしてカバーが付きました。



カバーが外れる事で配線作業もしやすくなり、固定も改良されています。


想像するからにもバッテリーがつけるようにしてありました。スコットではオリジナルで作るのがスキなんですよね。
レースをしないなら、ジーニアスでバンバントレイルを走るのが楽しいですよ。

次には、アクセサリー関連に進めます。



まずはバックパックから。一年の中で一番のトレイルライドシーズンがやってきます。そんな秋に欠かせないアイテムです。



また普段の生活に使える、ラップトップバックやPCケース。普段使い用もあります。

シューズはニノシューター率いるスコットレーシングやロードチームも関わり、性能は一押しです。


ゴアテックスのごついシューズ
ソールは柔らかめで歩きやすいシューズ。

ヘルメットは、MIPSを使い安全性とお求めやすい価格帯となって登場しています。



セントリックプラスは、僕も使う定番マストアイテム。Lサイズはアジア系のまん丸頭にもフィットします。
最近流行りのエアロ系ヘルメット
トレイルライドに!
色も何気なお洒落さんカラーです。
横幅が広めなフーガ。バイザー付きでセントリックプラスにも似ています。レースにも使える公認ヘルメットですから、今度はこれを使おうかと・・・・。
バイザーも外せます。
セントリックプラスと並べるとあまり違和感がありません。
さらには、シンクロス関連です。
バーテープは細かいデザインと握りやすさを狙っています!
色々がバリエーションあります!
泥除けです。FOXの34と36専用です。32のノーマルにも付きます。ステップキャストには加工が必要です。
ドロッパーポストは、リモート付きで28000円ですよ。
キッズ用プロテクター。


何気ない転倒で擦りむいたり、草で擦りむいたりしませんか?それを防いだり、防寒にも使えます。通気性も良くて普段つけることに違和感がある方にはオススメ。使い勝手は抜群。僕も狙っています。また、D3Oという中にパットがありますが、衝撃の時に固くなり普段はとても柔らかい構造のもの。スコットでは他メーカーの中でも柔らかく通気性もいいです。

続く・・・・。

https://youtu.be/kWOW3X8PhZk